• No : 204
  • 公開日時 : 2017/01/31 18:33
  • 印刷

【不動産請求】分筆の際に作成された地積測量図の情報を取得する際に留意することはありますか。

回答

 地積測量図の請求に当たっては,当該地積測量図が提出された登記事件ごとに付与された「事件ID」及び登記年月日を選択することになります。
 例えば,5番の土地が5番1と5番2とに分筆されている場合,その分筆の登記の際に提出され,登記所に備え付けられている地積測量図は,5番1の地積測量図であるとともに5番2の地積測量図でもあります。この場合,同じ分筆の登記を契機としているため「事件ID」も同一となり,5番1と5番2の地積測量図をそれぞれ請求しても,提供される地積測量図は同じものとなります。
 このような場合は,「事件ID」を確認することにより,同じ地積測量図を二重に請求することを防ぐことができます。地積測量図の請求の際に表示される登記年月日及び事件IDを確認の上,地積測量図を請求してください。
 なお,平成17年3月以前に登記所に備え付けられた分筆に関する地積測量図は,通常,分筆後の土地のうち,一筆について求積方法が明示されていません。
 また,同月以降に登記所に備え付けられた分筆に関する地積測量図にも,まれに分筆後の土地のうち一筆について求積方法が表示されていないものも含まれています。